じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@はてな

『さるさる日記』から続く、中年内科医の日常日記。これまでの分はこちら。http://touchoku.jugem.jp

実写版『アラジン』と1992年のアニメ版『アラジン』

平日休みなので、長男を学校に送ったあと、映画館へ。 映画『アラジン』を観賞。 『美女と野獣』『アラジン』『ライオンキング』とディズニーアニメが立て続けに大ヒットし、VHSのビデオがバカ売れしていたのを思い出す。大学時代だったと記憶しているのだが…

田辺聖子さんの訃報と映画『ジョゼと虎と魚たち』

「熊殺し」ウィリー・ウィリアムスさんの訃報をネットで観た。 先日、アントニオ猪木さんが次の参議院選挙には出馬せずに引退する、という記事のなかで、「最近は車いすを使うことも多くなって」と語っていたのを読んで、猪木ももう76歳なんだな……とあらため…

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は、もどかしい映画だった。

平日休みだったので、映画館へ。 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観賞。 ゴジラだけでなく、キングギドラにモスラにラドンも登場し、怪獣祭り、という感じの映画だった。 でも、正直なところ、「ゴジラもキングギドラもそれなりに強いし迫力もある…

羽生善治九段の「公式戦通算1434勝」と「飽きない才能」

ずっと同じような仕事が続いていて、しかも、拘束時間が長くてなんだか疲れている。 年をとると飽きっぽくなるというか、新しいことをやるのは不安でめんどくさいし、同じことばかりやっていると飽き飽きする。いったいどうすればいいのか、という感じなのだ…

アーモンドアイ vs ダノンプレミアムの歴史的一戦!の想定外の結末

ヤクルトがついに連敗脱出。あれだけの打線があれば、打ち勝つ試合がひとつくらいはありそうなものなのに、16連敗もしてしまうとは。春先のカープといい、勝負事というのは、ちょっと歯車が狂ってしまうだけで、大きく結果が揺らいでしまうものなのだ。 カー…

「勝ってゆっくりお父さんを見送ってもらえると思う」

水曜日。久々にある処置をしたのだが、途中で腰が痛いというか重くなってきて、けっこうつらかった。 これが加齢というものなのか……外科医はもっと長時間、立ちっぱなしで繊細な手技をやっているわけで、きついだろうなあ。 若かりし頃は、なんでこのくらい…

巨人で「雑草魂」とか言っていた上原投手のことが、僕は大嫌いだった。

上原浩治投手がシーズン中に引退発表。去年、手術をしたあと巨人と再契約して、現役を続けていたのだが、自分がイメージしていたようなボールが投げられず、若手の登板機会を奪いたくない、ということだった。これだけの実績を残してきた選手でもあるし、引…

子どもの頃に思っていたほど、親は子どもの運動会での成績にこだわっていない。

雨が降ったり止んだりのなか、長男の運動会。 徒競走もダンスも、下級生の競技の手伝いも頑張っている姿がみられてよかった。残念ながらチームは負けてしまったのだけれど、本人も「運動会が終わった」ということに、ある程度満足している様子。 親の立場に…

「誠也とは生まれた星の下が違う。もう『神ってる』じゃなくて、『神』ですよ」

5月病が続いている。まあ、やる気満々とか絶好調というのは、生まれてこの方、身に覚えがないのも事実なのだが。 ずっと同じ検査をしているのもきついというか、めんどくさい、という感情がわき上がってくるのだが、検査をされる側は「この1回」が大事なわけ…

映画『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』は楽しかったけれど、やっぱり今夜も落ち込んだ。

母の日。 昨日のカープの試合後のヒーローインタビューで、クリス・ジョンソン投手がインタビューの最後に自ら切り出して、「すべてのお母さんに『ありがとう』と伝えたい」と言っていたので調べてみたのだが、『母の日』というのは、アメリカから日本に入っ…

久々に遊んでも、やっぱり『逆転裁判』は面白い。

今日は平日休みだったので、『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観に行くつもりだったのだが、息子が熱を出してお休みになったため、家で様子をみながら過ごしていた。とはいえ、ときどき様子をうかがったり、食事や薬の準備をするくらいしかできないのだが…

「自分の力ではどうにもならないもの、負けたときに感情の落ち込みが大きいものとの付き合い方」を変えていかなくては、と思う。

ゴールデンウイーク最終日。 東京行きや長男の塾通いの送り迎えや仕事などで、実質的に休みらしい休みは5月5日、6日だけだったのだが、それも宿題が済んでおらず家で過ごすことになってしまった。 ゴールデンウイーク最後のカープの試合は、鬼門ナゴヤドーム…

グランアレグリアが出走するレースは、この馬が勝っても負けても馬券が当たらない。

子供の日。 柏餅を食べ、バイキングの店で食べ過ぎた。 どこに行っても人混みで、さりとて、連休は終わったら仕事で、なんだか出口なし、という気分だ。 ゴールデンウイークの最後は、令和最初のG1、NHKマイルカップ。 なんというか、とにかく相性の悪い馬…

「令和」スタート。「象徴」なんていう、ふわっとした言葉で定義されている仕事なんて、どうやればよいのだろうか。

令和元年5月1日。 僕は休みだったのだが、長男を塾に送迎。 合間に博多の街を少し散策……しようと思ったけれど、あまりの人の多さに辟易し、本を買ってコーヒーショップで読んでいた。 新天皇のはじめてのお言葉。 「自己の研鑽に励むとともに、常に国民を思…

平成最後の日の夜に、スシローで見た光景

平成最後の日。 とはいえ、今日と明後日は仕事だし、塾の送り迎えはあるしで、あまり連休を満喫する、というわけにはいかないのだが。 東京まで往復し、深夜に戻ってきた疲れも抜けきらないまま、微妙な量の仕事をこなす。それでも、地域の基幹病院で働いて…

東京オペラシティで、『ゲームセンターCX Symphony』の昼の回を鑑賞

東京オペラシティで、『ゲームセンターCX Symphony』の昼の回を鑑賞。 ゲーム音楽のコンサートは、けっこう昔に、すぎやまこういち先生の『ドラゴンクエスト』を観に行って以来だったのだが、有野課長の出演もあって、会場はかなり盛り上がっていたし、退屈…

平成最後のG1、春の天皇賞で、エタリオウの最後方ポツンに悶絶す。

朝から東京へ。 お昼過ぎに到着し、ホテルにチェックイン後、東京スカイツリーに上った。 長男は意外にも、スカイツリーははじめて、ということだったのだが、そりゃ、親に連れていった記憶がなければ、来たことないよね。 僕は以前、出張のついでに上ったこ…

中国史好きがみた映画『キングダム』と、平成最後のマツダスタジアムでの公式戦

平日休みなので、子どもを学校に送ってから、映画館へ。 映画『キングダム』を鑑賞。 予告編を最初にみたときには、「映画『進撃の巨人』の香りがする……」と思ったし、原作のスケールを映画化するのは、邦画では予算的にも難しいのではないか、と予想してい…

衣笠祥雄さんの一周忌に、小窪のサヨナラタイムリー

雨は降るし仕事は増えるし、憂鬱な日が続く。 まあ、もともと気分が落ち込みやすい時期でもあるし。 カープは鈴木誠也が「コンディション不良」ということで、試合前練習にも参加せずスタメン落ち。登録抹消はされていないことから、大事には至っていない、…

鈴木誠也選手の「意識の高い人の考え方」

改元をまたく大型連休前最後の日曜日。 お昼過ぎに少し近所のショッピングモールに出かけたが、あまりの人の多さと暑さにくたびれて早々に帰還。 10連休とはいうけれど、病院勤めで入院患者さんを担当していると10日休み続けるというのは無理でもあり、この1…

モンキー・パンチさんの代表作としての『ルパンVS複製人間(クローン)』

早番だったので、朝早くから出勤。 忙しく、精神的にも疲れる出来事が多かった。 小池一夫さんの訃報を知って、またひとり、ちゃんとした大人を失ってしまったな、と思う。漫画原作者として、あるいはTwitterでの顔しか僕は知らないけれど、どんなに炎上して…

ノートルダム大聖堂の火事とか、阿蘇山の噴火とか

朝から、パリのノートルダム大聖堂の火事のニュースが。パリには行ったことがなく、一度は訪れてみたい場所だっただけに、残念なのと同時に、観たいものは、観られるときに観ておかないと、どうなるかわからないものだよなあ、と考えてしまった。そもそも、…

『やよい軒』の「ごはんのおかわり有料化」という衝撃

朝のニュースで、タイガー・ウッズのマスターズ優勝を知った。僕はゴルフにかんしては『みんなのGOLF』限定なのだが(実際には、ゴルフ大会に参加しないと当直になる、という病院で、少しだけやったことはあるが、致命的に向いていなかった)、まさに一世を…

平成最後の皐月賞馬は、ディープインパクト以来の無敗で、サートゥルナーリア

平成最後の皐月賞。先週、グランアレグリアが朝日杯FS以来の今年初戦のレースで桜花賞を制していたので、かえって不安になりつつも、サートゥルナーリア本命でテレビ観戦。パドックまでは、ホープフルSほどではないものの、さすがの存在感を見せていたのだが…

僕が垣間見た、信託銀行という富裕層ワールド

いろんなことがうまくいかない時期というのはあるものだ。 僕は毎年3月の終わりから5月のゴールデンウィーク明けの時期に精神的に落ち込むことが多くて、おまけに今年はカープは残念な状態だし、ギャンブルには負けまくり、仕事もトラブルが多い、という状況…

「親バカ肯定小説」としての『そして、バトンは渡された』

カープは今日もマツダスタジアムでの試合。相性の良いヤクルト相手で、先発はジョンソン。 この試合は勝てる!……はずだったのだが、はじまってみれば、ジョンソンが初回に3失点、2回に2失点、3回に1失点。序盤で試合はほとんど決まってしまった。どうしたん…

僕が経験する「新しい紙幣」は、これが最後になるかもしれないなあ、と思う。

一日の仕事を終えて、寝る前にネットのニュースを確認していたら、数年度をめどに、お札が新しくなるらしい。 元号が新しくなるのに合わせて、気分一新、ということか。 1万円札が渋沢栄一、5000円札が津田梅子、1000円札が北里柴三郎の各氏に変わるとのこと…

さよなら平成、さよなら桜花賞。

平成最後の桜花賞。 結論、賭けなきゃよかった……グランアレグリアから3〜5着までの馬券は持っていたのだが、シゲルピンクダイヤはダノンファンタジーからしか無かった……なんであんなところから2着に来られるんだ……今年初出走のグランアレグリアの勝ちっぷり…

床田寛樹、トミージョン手術を経て、2年ぶりの勝利投手に

午前中は仕事。久しぶりにテレビやネットで自分にとって都合の良い話ばかりを拾い集めて、医者に食ってかかる人を見かけた。対応していた医師が辛抱強く話を聞いていたのをもどかしく思っていたのだが、あとで考えてみれば、とりあえず言いたいことを言った…

保釈されたピエール瀧さんと「感情が表情に出にくい人」

平日休みで、本来なら子供たちと遊びに出かけたいところだったのだが、長男の宿題が難航しているため、ほぼ終日家で過ごした。お昼に行った肉うどんが売りの店は、セルフサービスだったのが、いつのまにか「フルサービス」(と書いてあったけれど、ガソリン…