読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@はてな

『さるさる日記』から続く、中年内科医の日常日記。これまでの分はこちら。http://touchoku.jugem.jp

堂林選手と新井さんの活躍で、カープが踏みとどまった。

当直なので、朝から憂鬱。
午前中外来、午後からは病棟業務など。
夕方からは当直。
ああ、嫌だなあ、と思いながら引いたGW当番のクジ、見事にハズレを引くことができた。
いや、ハズレというか、当直しなくて済むのだから、大当たりだ。
その場では、ふーん、ああ、良かったね、というくらいの気持ちだったのだが、後から、どうもこれはスーパーラッキーだったということをジワジワと感じる。GWのきつい当直があるのとないのとでは、大違いだものなあ。

当直の合間に、カープの試合をチェック。
今日もサードは堂林。
4番・ルナの不在でチームが沈んでいくのではないか、と不安だったのだが、その堂林が先制ソロホームラン!守備も軽快!
いきなりルナの穴を埋める、というのが難しいのはわかるのだけれど、堂林というのは、カープファンにとっては、楽しみな存在だけに、がっかりさせられることも多い選手なのだよね。
堂林、去年は1本もホームランがなかったのか。
とりあえず、今日は本当によかった。
野村祐輔はちょっと不甲斐ない内容だったが、懸案の中継ぎ陣が踏ん張って、延長12回に新井さんのタイムリーで勝ち越し、中崎が締めて、6−4で勝った。
新井さんと堂林というのは、ともにサードを守っていた(いる)ということもあるし、当時の監督の肝いりで、守備も打撃も荒削りな状態から試合に出てきたところも似ている。
カープファンにとっては期待感ともどかしさを併せ持っている「うちのチームの生え抜き」なんだよなあ。
今夜は、その新旧「プリンス」のそろい踏みで、カープにとっての鬼門、東京ドームで巨人に接戦の末連敗+ルナ抹消でズルズルいきそうなところをなんとか踏みとどまってくれた。
ここで貯金1まで減るのと、3に増やすのとでは、大きく違う。
今年はとりあえず、貯金側で戦えているのが素晴らしい。
どのチームもいろいろ苦労しているようだし、チャンスはありそう、というかあってほしい。
それにしても、去年、マエケンがいるときに、このくらい打てていればねえ……

18時前と21時前に震度3の余震が2回。
緊急地震速報」はなかったけれど、まだ、ここでも余震が続いている。