読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@はてな

『さるさる日記』から続く、中年内科医の日常日記。これまでの分はこちら。http://touchoku.jugem.jp

『ドキュメント72時間』の「北のどんぶり飯」を観ながら、健康的な食生活を実践することの難しさを思う。

 連休終了後の金曜日。
 土曜日も休みの職場であれば、まだゴールデンウィークモードでやり過ごせそうな気がするのだけれど、明日も仕事だと、もう通常営業、と考えたほうがよさそう。長男も今日から小学校ということで、朝からバタバタ。次男に新しい黄色の長靴を履かせて保育所に連れていったのだが、保育所に着いたときには、もう長靴を自力で脱いでいた。新しい長靴、よかったねー、なんていうのは、大人の都合であって、次男にとっては「じゃま!」なんだろうな。

 午前中外来、午後からは病棟業務など。
 ゴールデンウィーク中でも、人は病気になるし、病気が急激に悪化することもある。
 
 21時に帰宅し、職場近くのアパートで過ごす。
 
 寝る前に『ドキュメント72時間』を観た。
 今日は「北のどんぶり飯物語」。
 『孤独のグルメ』といい、金曜日の夜のテレビでは、「飯テロ」をやらなければならないという取り決めでもあるのだろうか。
 仙台にある、半田屋、というお惣菜を自分で選んでご飯を食べる店での、3日間の人間模様。
 僕は仕事柄、「なるべく時間通り、三食とりましょうね。食べ過ぎないように、栄養のバランスを考えて。夜中にドカ食いなんて、もってのほかです」などという話をすることが多い。
 だが、こうして仕事帰りに夜中の定食屋で大盛りのご飯を一心不乱に食べている人たちの姿をみると、「健康的な食生活」っていうのも、なかなか難しいことだよなあ、とあらためて思う。
 僕自身だって、健康的とはほど遠い生活をしているし。
 ただ、医者に求められているのは、そこで引きずられて、なあなあ、になってしまうより、「正しい基準」を示すことなのだろう、と考えてもいるのだ。
 東日本大震災から、5年。
「温かいものを食べられるのって、幸せなことなんだなあ、って、あの震災ではじめて気がつきました」
 僕も、熊本の地震を周辺地域として経験して、「いつ地震が起こるかもしれないというのは、こんなに不安で、逃げ場はない気持ちになるのだな」とあらためて思い知らされた。
 番組の最後に、これから釣りに行くという親子が麻婆豆腐を食べている姿をみて、なんだか、うるうるしてしまう。
 ほんとにね、家族で、親子でこうしてご飯を食べられるのって、あと何回あるのだろう。
 
 NHKマイルカップ、僕の本命メジャーエンブレムは、2枠4番。これはもう、最高の枠だとしか言いようがない。あとは、ルメール騎手が今春のG1では、ひたすら「持っていない」ことだけが気がかりなのだが、単勝2倍くらいつけばいいな。


www.nhk.or.jp