読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@はてな

『さるさる日記』から続く、中年内科医の日常日記。これまでの分はこちら。http://touchoku.jugem.jp

iPhoneのデータ通信料も精神的にもギリギリの当直の夜

5月も10日。
そういえば、今月はiPhoneの7GB制限が出ないな、と思っていたのだが、夕方に「あと200MB」のお知らせが。
とりあえず、なんとか逃げ切れたが、毎月けっこうギリギリなんだよなあ。
でも、ほとんど電話は使わないので、もう少しお金を出してプランを変えても、そんなに使えるデータ量は増えないので、なんとかこれでやりくりするしかない。

午前中外来、午後からは病棟業務など。
夕方からは当直。

カープ神宮球場でヤクルト戦。
先発投手が不調や怪我で相次いで離脱していくなか、今日先発のジョンソンで負けるわけにはいかない……はずだったのだが、頼みの綱のジョンソンが、初回にバレンティンの2ランなどで3失点。でも、ヤクルトの先発は新垣だから、それなりに打てるのでは……ところが、カープ打線は三振の山。
当直中で心も荒んでいるのに、カープもこれかよ……とがっかりしたのだが、あとで結果を怖々確認してみたら、松山の同点ホームラン、菊池の勝ち越しタイムリーなどで逆転し、6−3で勝っていた。ジョンソンは4勝め。
本当にどうしたんだ今年のカープは!各球団、ローテーション投手が怪我や不調で離脱していてやりくりが苦しいので、打者有利な状況なのかもしれないが、それにしても、こんなに打ってくれるとは。
ちなみに、ソフトバンクのバンデンハークは、日本プロ野球新記録のデビューから14連勝を達成。
もちろん、ソフトバンクという強いチームだからできることではあるのだろうけれど、10勝10敗でも、それなりに評価される世界で、この連勝はすごい。
まあ、それを言うなら、楽天が日本一になった年、2013年の田中将大投手は、まさに「神懸かり」だったのだが。
ソフトバンク打線ならともかく、楽天で開幕から負けなしの24連勝だものなあ。


当直をするたびに、カウントダウンの数字が減っていくのは、やっぱり嬉しい。
「終わり」が見えなかったら、この当直には、もう耐えられなくなっていると思う。