読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@はてな

『さるさる日記』から続く、中年内科医の日常日記。これまでの分はこちら。http://touchoku.jugem.jp

豪雨と憂鬱と第155回直木賞候補作の発表と

 午前中外来、午後から病棟業務など。
 机の周りや家の片付けなどをやっていたら、あっという間に時間が経ってしまった。
 今週は車検も入れているので、車も……と思っていたら、ものすごい豪雨で、駐車場からアパートの玄関にたどり着くだけでもびしょ濡れに。
 僕が珍しく片づけをやっているから、こんなに雨が降るのだろうか。
 だが、やはり今回も取りかかりが遅かったらしく、片付けは全然進まない。
 明日は当直だし、気が滅入る。
 
 芥川賞直木賞候補が発表。
 芥川賞は、山崎ナオコーラさんが、まだ芥川賞枠に入っていたのだな、と思う。
 『人のセックスを笑うな』は、ブラック蒼井優が観られる貴重な映画ではあった。
 こういう「今さらノミネート」の人は、けっこう受賞率が高そうだが果たして。
 直木賞は、伊東潤さん、米澤穂信さん、湊かなえさん、原田マハさん、萩原浩さん、門井慶喜さんと「まだこの人、直木賞獲ってなかったっけ?」シフト。
 うーん、そろそろ伊東潤さんかな、候補作のなかで、唯一「文藝春秋」から出ている作品だし。
 芥川賞直木賞M-1グランプリは、獲る人というのは最初に候補になったときにあっさり獲るのだが、そのチャンスを逃すと「新鮮味がない」ということで、なかなか壁を破れなくなりがちだ。同じ人が書いたり演じたりしているのだから、初見より新鮮味が薄れるのは当たり前、なんだけど、難しいものだ。
 
www3.nhk.or.jp