読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@はてな

『さるさる日記』から続く、中年内科医の日常日記。これまでの分はこちら。http://touchoku.jugem.jp

広島カープ、ルーズヴェルト・ゲームの末に日本シリーズへ!

 午後から、CSファイナル第4戦。
 カープの試合は例のごとく九州では中継されていないので、日本ハムソフトバンクの試合を観戦しつつ、ネットでマツダスタジアムの経過を確認。
 さて、今日はDeNAは今永か……レギュラーシーズンでも打てなかった記憶しかないしなあ……と思っていたら、1回の裏、田中の微妙なフォアボールのあと、1アウト1塁2塁とチャンスをつくり、新井と鈴木誠也が連続タイムリーで2−0。さらに、エルドレッドの3ラン!これで5対0。さらにトップバッターの田中までもう一度まわってきて、田中のタイムリーで6−0!!
 いやあ、今日はどうなることかと思ったけど、これはさすがにもらったな!

 ……と思ったんだよね。1回が終わったところでは。
 2回に岡田がエラー絡みで2失点。いやまだ4点差だし。
 続く3回には、梶谷の2ランで、4−6と2点差に……
 梶谷、骨折してるんじゃなかったのかよ……すごいよ、すごすぎるよ、人間とは思えない……
 ここで菊池のタイムリーで1点追加し、5回にも1点追加。また4点差となり、勝ちパターンの継投へ。
 試合が落ち着くかと思いきや、さにあらず。
 6回に一岡が2失点、さらに7回には今村がロペスから被弾し、8−7……
 途中からは耐えきれずにラジコで聴いていたのだが、楽勝ムードが一気に大ピンチに。
 もしこの試合、ひっくり返されたら、その勢いで残りもやられてしまうのでは……
 それにしても、DeNA、恐ろしいチームだ……
 それでも、8回はジャクソンが三者凡退に抑え、9回は中崎が2アウトまでこぎつけた。もう震えが止まらない。
 バッターは3番・ロペス。一発に注意だ。でも、筒香にはまわさないでくれ……
 しかし、警戒しすぎたのか、ロペスには四球を与えてしまった。
 2アウトランナー1塁、バッターボックスには、4番・筒香。
 いやこれ、なんというか、カープ的には死亡フラグが立っている状況なのでは……あまりの怖さに、もう聴いてはいられない。
 ラジオを止めて、なんとか気を紛らわせようとネットの関係ないページを観て、しばらく時間が経ったあと、試合経過を確認に。
 でも、カープCS突破の速報は流れてこないし、やっぱりやられているのでは……


 ……………勝った、勝っていた!
 中崎は筒香を三振にとり、8−7で、カープが辛くもDeNAの猛追を振り切り、CSファイナルを制して日本シリーズに駒を進めた。
 嬉しい、というか、スタートが6−0からだったので、正直ホッとした。
 そして、DeNAの強さには心底震え上がった。すごいチームだったな本当に。
 真田信繁の最後の突撃のあとの幕府軍のような気分だ……
 カープが初めてCSに進出したとき、ファイナルで巨人に力の差を見せつけられて3連敗したのに比べたら、DeNAは、はるかに強い戦いぶりだったよなあ。
 そういえば、8−7って、いわゆる「ルーズヴェルト・ゲーム」か。
 カープファンにとっては、ずっと忘れられない試合になったし、DeNAファンにとっても、たぶん、そうなのではないか。
 先発・今永は「この試合をずっと忘れない」とコメントしていたそうだが、DeNAは、これからまた、さらに強くなっていくのだろう。
 というか、カープファンなのに、なんでこんなにDeNAのことばかり書いてしまうのか。
 
 こういう試合展開でも、結果的に勝ち切ったのが、今年のカープの強さだということは、よくわかっているんだけど。
 1回もエルドレッドのホームランで油断せずに、田中のタイムリーの「もう1点」を取っていたからこそ試合に勝てていたのだし、ピッチャーも打たれつつ、最後まで追いつかれることはなかった。菊池の好守で、同点のランナーも出さずにすんだ。
 あと1得点をしっかり取って、あと1失点をしっかり防げたからこそ、この結果だったのだ。
 やっぱり、野球は、楽勝ムードっていうのは怖いものだな。

 パリーグソフトバンクが5−2で勝利。
 明日も試合が観られるというのは、個人的には嬉しい。
 カープのCSは、胃が痛いから今日で終わりにしてくれ、と心底願っていたけれど。

 
 明日は秋華賞シンハライトの離脱とローズSのジュエラーの結果をみると、ここはビッシュしかない、と思うのだが、あとは初めての関西輸送がどうか。小柄な馬なので、G1の激しい競馬にも不安はある。
 でも、戸崎騎手だし、やってくれるのではないかなあ。
 というか、他の馬は、ジュエラーもまだアテになりそうにないし、全然わからない。久々にビッシュ1着固定の三連単で勝負してみるか。もちろん、馬体重とパドックを確認してから。