読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@はてな

『さるさる日記』から続く、中年内科医の日常日記。これまでの分はこちら。http://touchoku.jugem.jp

2016日本シリーズ第2戦:あのビデオ判定、日本ハムにはキツかっただろうな……

菊花賞、そして、日本シリーズ第2戦。
うーむ、サトノダイヤモンド本命で、エアスピネルはそんなに捨てたもんじゃないだろ、と思っていた僕にとっては、なんともいえないキツいレースになってしまった。
頑張ったんだけどねえ、エアスピネルレインボーラインも、水曜日くらいに菊花賞だったら、絶対買ってたと思うんだけど、なんで当日になると、「あの札幌記念ステイゴールドの馬場適性と道悪のおかげだろう」と考えてしまったのだろうか。NHKマイルCからダービーで、3着から8着と距離延長とともに成績を落としているし、もっと距離が伸びる3000mとなると……って、去年もダービーで惨敗したキタサンブラックをそれで買えなかったわけで。
人は、どんなに無念な思いをしたとしても、1年くらい経てば忘れる、バカみたいだ。
直線、エアスピネルが最後にひと伸びしたときは、「頼む、なんとか2着に!」って祈ったけれど、ハナ差ではあったが、スローを観なくてもレインボーラインが差したことはわかった。
そもそも、レインボーラインをなんで買わなかったんだろう、サトノダイヤモンドからの馬連で3500円もつくのなら、おさえるだろ常考
ただ、内枠有利というイメージと、レインボーラインが3000mでディーマジェスティに先着するとは思えなかったのもまた事実。
本当に、最近何をやってもついてない。何もかもリセットしてしまいたい衝動に駆られる。

日本シリーズ第2戦。
先発はカープが野村、日本ハムは増井。
野村祐輔、今年は16勝もしたけれど、そんなに球威があるわけでも、すごい決め球があるわけでもないし、最多勝をとっても半信半疑、だったんだよなあ。
CS第2戦でのピッチングをみたら、やっぱり変わったんだな、とは思ったのだけれど。
野村祐輔、今日は序盤からランナーを出して、球数も多く、苦しいピッチング。
しかしながら、要所をきちんと締めて、なんとか無失点に抑えていた。
本当に、立派になったなあ、と思う。

増井のほうもいまひとつピリッとしないデキで、2回に今日7番サードに起用された小窪のタイムリーで先制。エルドレッド激走!
とりあえず先制していると安心して試合を観られるな、と思ってはいたのだが、やっぱり今日も胃が痛い展開で、なんと名手菊池のエラーで試合は振り出しに。
まさか、ここで菊池が……
どちらかというと、野村祐輔より増井のほうが調子を上げてきたように見えて、流れも悪い。
そんなジリジリした展開のなか、6回裏に試合が動いた。
ノーアウトから田中広輔が2ベースで出塁。送りバントで勝ち越しを狙うかという場面で、菊池はヒッティングに出て、レフト前にゴロでしぶとく抜けるヒット。
田中が俊足をとばして、ホームに駆けこむかというところで、日本ハム・西川が素早いバックホームを見せ、ホームでタッチアウト……ああ、ノーアウト1塁3塁でよかったのに……焦ってせっかくのチャンスを……
ところが、このプレーがビデオ判定で、セーフとなり、流れが一気に変わった。
一度アウトと判定されたことが、かえって日本ハムにとっては、キツかったのかもしれない。
今日の僕のエアスピネルと同じだよな。期待させられなければ、切り替えもしやすかっただろうに。
テレビでは、解説の達川さんが「ビデオ判定ではセーフっぽいけど、プロ野球としては、あの西川のスーパープレーはアウトの判定にしてやりたいねえ」と言っていた。
僕もその意見に賛成したいが、カープファンだから、やっぱり無理。
そこから、丸の送りバントを増井が1塁に悪送球してさらに1点追加し、鈴木誠也も犠牲フライ。
そして、ダメ押しのように、エルドレッドのホームランで5−1。
あのビデオ判定が、結果的に今日の試合を決めた。
エアポケットのように、日本ハムの集中力とモチベーションが、あの瞬間に、切れた。

あと、カープの石原の捕球の安定感はやっぱりすごい。
このシリーズでの日本ハムのバッテリーエラーの多さをみると、カープのピッチャーは石原のおかげで、かなり楽に投げられているのではなかろうか。
試合はそのまま終わり、5−1で、カープマツダスタジアムで2連勝!
これで、3戦目、札幌ドームの黒田に、最高の形でバトンを渡すことができる。
新井さんを4番から外して松山を起用し、黒田さんも地元の期待を知りつつあえて予定どおり敵地での第3戦の先発にするなど、緒方監督の「シーズンどおりの采配」が、ここまではうまく機能している。
ただ、札幌ドームに舞台が移れば、また流れも変わってくる可能性が高い。
このまま勢いに乗って、手綱を緩めずに日本一をかちとってもらいたい一方で、勝てるのであれば、胴上げはマツダスタジアムがいいなあ、というのも正直な気持ちだ。
ああ、明後日はついに黒田か……