読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@はてな

『さるさる日記』から続く、中年内科医の日常日記。これまでの分はこちら。http://touchoku.jugem.jp

元日恒例の『芸能人格付けチェック』を観て、ホリエモンってやっぱり賢いんだな、と思った話

今年も元日は『芸能人格付けチェック』。
大予選会も毎年楽しみにしているのだが、今年は出川さんが悲願の本戦出場。
出川さんは予選が主戦場なのだとばかり思っていたのに。
GACKT専用ルームが今回も!
視聴者も判断できる「クラシック」「ジャズバンド」に今年も挑戦してみたのだが、なんと両方ハズレで、かなり落ち込む。ああ、僕は耳が悪いのかな……
この番組をみていると、自分のセンスのなさに呆れるというか、「こっちだ!」と思うとハズレ、「このあいだは自分の感性を頼って選んだら間違ったから、今度は自分のイメージと反対のこっち!」と選ぶと、やっぱりまたハズレ……
ジャズバンドとか、音の迫力とかはAだけど、それは逆にアマチュアだから大きな音でハッタリをかましているんじゃないか、というような発想になってしまうのだ。
そう思い込むと、Bのほうが繊細だとか、表現力がある、というふうに聴こえてくる。本当にもう、ノーセンス極まりない。
最後のほうは、さっきの問題はAだったから、今度はBじゃないか、とか、もう完全に「当てもの」になってしまう。
盆栽は悩んだ末に、Aと予想。
でも、ずっとAが続いているような気がするし、Aは枯れすぎ、Bは盛りすぎ、のように見えるし……
答えは……B……ああ、今年もダメだ……
この番組って、新年の運試し、みたいな気がするのだよなあ。
しかし、あらためて考えてみると、見た目で「高そうなほう」を判断しようとした僕に比べて、「雲竜」という名前を考えると「B」ではないか、と、多角的に情報を分析して正解にたどり着いた堀江貴文さんは見事だった。
そうだよね、盆栽がわからなくても、他の情報からのアプローチも可能だったのだ。


結局、視聴者にもこたえられる問題は、全敗。ひとつくらいは当てたかった……
そういえば、今回は「演出」がなかったなあ。あれ好きなのに……毎回外すけど。
ほんと、新年早々、落ち込むなあこの番組。


乃木坂46もけっこうすごかったな。
プリンに醤油は、さすがにサービス問題すぎる、とは思うけど。
あと、カニというのは、値段が高いものと安いものの美味しさが、わかりにく食品なのかもしれない、という気がする。
このあいだの『モヤさま2』の島根・鳥取の回で、さまぁ〜ずの三村さんが、超高級ガニと普通のタラバガニを食べ比べて、「店の人には悪いけど、こっちの安いタラバガニのほうが美味しく感じる」と言っていたのを思い出した。
まあ、「味覚が鈍い」って言われればそれまでなのだが、安いものが美味しいのは、それはそれで幸せ……だと思いたい。
あと、番組の一部かと思わせるCMがたくさん入っていて、今年はこういうのが増えていくのだろうな、と。
こういうのって、僕は「まぎらわしい」感じがして不快なんだけど。


昨日は少し夜更かししたこともあり、25時に就寝。