読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@はてな

『さるさる日記』から続く、中年内科医の日常日記。これまでの分はこちら。http://touchoku.jugem.jp

『カルテット』第2話は、僕にとっては「見たくない人々」の話だった。

 鳥取、岡山で大雪。
 そういえば、去年の冬は、九州北部でもびっくりするような大雪があって、家から出られなくなってしまったなあ。
 山陰地方は九州北部よりは雪に慣れているとは思うのだけれど、それでもテレビ画面越しの積雪はすごい量だった。

 『マツコの知らない世界』の「マンガ飯の世界」を観て、最初のグルメマンガが『包丁人味平』とされているのを知った。今は本当に「なんでもあり」なグルメマンガの世界で、『ダンジョン飯』を読んだときには驚いたが、今日の番組を観てみたら、「グルメマンガを再現して食べてみるというグルメマンガ」も成り立つのではないかと思う。メタグルメマンガ、とでも言えばいいのか。
 個人的にグルメマンガでいちばん記憶に残っているのが、『美味しんぼ』のフグの白子の代わりに羊の脳みそ、というやつで、味は似ているのかもしれないが、僕はやっぱり「脳を食べる」というのは想像するだけでダメだなあ。
 番組に出てきた「微妙な味のブラックカレー」がものすごく興味深い。
 カレーライスって、高級なものはもちろん、安いものでもそれなりに食べられる(というか、チープなカレーのほうが美味しいと思うことも多い)のだが(バカ舌だし)、あんな微妙な表情になるカレーって、どんな味なのだろうか。

 『カルテット』2回目。
 途中から、「見ちゃいられない」という気分になってしまった。
 「異性とサシで飲んで恋愛相談をするヤツ」というのが苦手だ。ドラマだとわかっていても、いい大人なんだから、自制しろよ、と言いたくなる。
 それと、自分がふられた勢いで、他の人と寝るヤツも。それを許す相手も。
 別府よ、お前もひどいが、あの同僚の女もひどい。
 
 個人的には、フィクションの中で、わざわざ嫌な気分になる大人の姿は観たくないのだよなあ。
 もっと「ギリギリ食えるかどうかの音楽家の生態」みたいなものを見せてくれるドラマかと思っていたのだが、お前ら、いい歳して、自分を駒にした恋愛ゲームしかやることないのかよ。
 2話目にして、すでに挫折しそうだ。
 『逃げ恥』が、ただただ懐かしい。

 25時に就寝。