読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@はてな

『さるさる日記』から続く、中年内科医の日常日記。これまでの分はこちら。http://touchoku.jugem.jp

『Qさま!!』でのカズレーザーさんの潔さは、ちょっとカッコいい。

 一日中、春の雨。
 映画『日本で一番悪い奴ら』をDVDで観賞。
 警察官が「成績を上げる」ために、組織ぐるみでさまざまな「とんでもないこと(密輸の見逃しや犯罪のでっちあげ、覚せい剤の密売への協力など)」に手を染めていたという、北海道警の前代未聞の不祥事をもとにして映画化したもの。
 覚せい剤の取り締まりや犯人逮捕などが、それぞれ「○点」と点数化されていて、ポイントがたくさん貯まると評価が上がる、というシステムをみて、「『GANTZ』かよ!」と思わずツッコミを入れてしまった。
 だが、医者の業績評価も論文のインパクトファクターで「点数化」されていることを考えると、そういうのは、「ものすごく異常」でもないし、「自分の評価を上げるためには、悪いことも正当化してしまう」という人は、一定の割合で出てくるのだろう。


Qさま!!』は「現役東大生・京大生が選んだ日本と世界のスゴイ建造物ベスト15」。
 こういう企画を見かけるたびに、東大生とか、しょっちゅういろんなアンケートのお願いをされているのではないか、という気がしてくる。ちょっとめんどくさそうだよなあ。お礼とかもらって答えているのだろうか。

 ロザン宇治原 vs カズレーザーの勝負は、両者とも準決勝敗退という、やや拍子抜けの結果に終わってしまった。
 天明麻衣子さん、今回は予選落ちの危機もあったものの、最後の1問で見事に正解。グリーンランドから中継をみていた、やくみつるさんが、思わず「しぶてえ……」と呟いていた。
 天明さんは今日の決勝では敗れたものの、年間優勝に輝いた。
 この番組をみていると、やっぱりベテラン勢が強いというか、場慣れしているほうが、土壇場で有利だよなあ、とは思う。あとは、勝つことへの執念、みたいなものも。
 ランキングは、日本の1位が法隆寺、2位東大寺、3位東京スカイツリー、世界の1位がサグラダ・ファミリア、2位が万里の長城、3位はピサの斜塔
 ピサの斜塔って、傾いてなかったら、珍しくもない塔、なんだよなあ。傾いたのは当初の予定にはなかったことで、世の中、何が幸いするかわからない。


 ロザン宇治原さんは残留決定。
 宇治原さんはこの番組がなくなったら、いろいろと厳しそうだから、とりあえずよかったんじゃないかな。
 カズレーザーさんって、他の人が難問をクリアすると、本当に「たいしたもんだ!」って涼しげな顔をしながら手を叩いて称賛するんだよね。
 この人は、勝負よりも自分の知識が広がるほうを喜ぶタイプのような気がする。

 25時に就寝。

北海道警察 日本で一番悪い奴ら (だいわ文庫)

北海道警察 日本で一番悪い奴ら (だいわ文庫)