読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@はてな

『さるさる日記』から続く、中年内科医の日常日記。これまでの分はこちら。http://touchoku.jugem.jp

WBC準決勝、日本代表対アメリカ代表。残念ではあるが、納得の負け、とでも言えばいいのか。

 仕事の合間に、WBC準決勝、日本代表対アメリカ代表の試合の経過を確認していたのだが、日本が1点先制されたところで忙しくなってしまったので、残りは帰ってから録画したものを観た。

 先制されたのが、あの名手菊池のエラー絡みとは……
 その菊池、責任を感じて落ち込んでいるのではないか、これがシーズンに尾を引いたら嫌だな、イップスとかにならなければ良いんだけど……と思っていたら、6回裏に自ら同点ホームランを放って名誉挽回。さすがワイルド菊池!
 昔、前田智徳選手がエラーで北別府投手の勝ちを消してしまったあとに試合を決めるホームランを打って、涙を流しながらダイヤモンドを一周していたのを思い出した。その日、前田はヒーローインタビューを辞退した。
 WBCの韓国戦で絶不調のなか決勝タイムリーを放ったイチローといい、すごい選手は、自分のミスやスランプも、大事なところでちゃんと取り返すのだ。
 試合は、8回の表、1アウト2塁3塁のピンチにサードにゴロが飛び、サード松田が処理を焦ったのかホームには送球できず。まあ、ホームに投げていてもアウトになったかはわからないし、よくあそこであわてずバッターランナーだけでもアウトにした、とは思ったのだが。あの場面では、ね。


 試合は接戦の末、アメリカ代表のリリーフ陣の好投もあり、1対2で日本代表は敗れた。
 今日の試合に関しては、メジャーリーグで活躍しているピッチャーって、やっぱりすごいな、というのが率直な感想で、監督の采配や個々の選手がどうこう、という気分にはならなかった。
 残念ではあるが、納得の負け、とでも言えばいいのか。
 すごいピッチャーにすごいピッチングをされたら、好打者でもそうそう打てるものじゃない。野球はピッチャー、だよなあ。
 日本の投手陣も、先発の菅野投手をはじめとして、メジャーリーグのスター軍団を相手に、見事なピッチングだった。
 ゲストの黒田博樹投手は「4年間ドジャースにいたけれど、雨天中止は一度もなかった」と言っていたのだが、そんなロサンゼルスでの雨中の試合は、日本にとっては、むしろつけいる隙ができたのかもしれない。そんななかで、日本代表のなかでも、土のグラウンドに慣れているはずの名手・菊池がエラーをしてしまったのは皮肉なものだ。
 結果論でいれば、8回表1アウト2塁3塁で、1点勝負とみて、満塁策をとるというのもあったかなあ……ただ、打順的にもクリーンアップに入ってくるところだったし、「点を取られて勝ち越されても、まだ2回攻撃がある。1点でも失点を少なくしたい」と考えるのも妥当だろう。
 いろいろ言われていた小久保監督だったけれど、今回の日本代表チームは、実力を出し切ったし、「これはおかしい」と言いたくなる采配もほとんど思いつかない。
 ただ、今日の準決勝では、相手が少しこちらより強かった。
 ヒットはわずかに4本で、点が入りそうな雰囲気は無かったし。
 チャンスで、4番・筒香が真ん中付近のボールを思いっきりスイングして打球が良い角度で上がったときには「いった!」って叫んでしまったのだけれど、定位置付近のライトフライ。えっ、あの当たりが、ライト定位置へのフライ?
 日本代表の3番を打った青木選手は、現役メジャーリーガーではあるけれど、所属チームでは不動のレギュラー、というわけじゃないんだよね。
 松井秀喜選手が中距離打者になってしまうのだよね、メジャーリーグでは。
 負けたにもかかわらず、ネットでも「おつかれさま」というコメントが多くて、「なんで負けた」みたいな批判は少ないようにみえる。
 「力負け」だけに、諦められるところもあるし、意気消沈してしまう面もある。
 それでもここまで食い下がったのだから、今回は大健闘なんだろうけど、メジャーリーグの選手たちが積極的に参加してくるようになれば、日本代表の世界レベルでのランキングは、相対的に下がっていくのではなかろうか。

 個人的には、「シーズン開幕前に楽しませてもらってありがとう」だな。
 シーズンがはじまったら、カープの選手たちは、菅野や筒香と対戦することになるのか……


広島アスリートマガジン2017年4月号

広島アスリートマガジン2017年4月号