読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@はてな

『さるさる日記』から続く、中年内科医の日常日記。これまでの分はこちら。http://touchoku.jugem.jp

『芸能人格付けチェック』で、「煎茶を2人分いれる」「折り鶴をつくる」をクリアしてしまうGACKTさんの底知れなさ

 新年度2日目。けっこう暖かい日だった。
 思いのほか忙しく、帰ってくるのが遅くなってしまったのだが、録画で『芸能人格付けチェック~一流芸能人に「和」の常識はあるのか!?スペシャル~』を観た。
 1年のはじめの特番にしか登場しない印象があったGACKTさんが、今日は登場。
 やっぱり、この人がいないと、この番組は盛り上がらない。
 しかし今回は、GACKTさん自身は連勝記録を51に伸ばしたものの、団体戦の「連帯責任」で、なんと「映す価値なし」にまで転落。
 しかし、「煎茶を2人分いれる」とか、簡単そうで、「正しいやりかた」なんて、僕は意識したことなかったなあ。というか、最近お茶を自分でいれる機会もないし(というか、温かいお茶をあまり飲まない)。
 また、「折り鶴をつくる」というのも、できそうで、いざお手本もなしに作れと言われると、できないものなんだよね。
 長男の学校で折り紙が流行っているということで、一緒につくることがあるのだが、折り紙というのは本当にいろんなものがつくれる一方で、かなりの技巧というか、お手本をみても難しいようなものも少なからずあるのだ。
 長男は折り紙がだいぶ上手になってきて、成長しているな、と嬉しくなる。
 そして、僕は最近けっこう老眼がすすんできて、細かい作業が苦手になってきている。
 階段を上っていく人と降りる人、という感じだよなこれは。
 GACKTさんは不思議な人だよなあ。
 あれだけ贅を尽くしたものに接する生活をしている人ならば、お茶なんて自分でいれる必要はないような気がするのだが、ちゃんと自分でもできるのだから。
 どういうふうに教えられてきたのだろう、あるいは、自分で学んでいるのだろうか。
 25時に就寝。


格付けチェックゲーム 君は一流か!?

格付けチェックゲーム 君は一流か!?