読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@はてな

『さるさる日記』から続く、中年内科医の日常日記。これまでの分はこちら。http://touchoku.jugem.jp

『怒り新党』を観て、僕のはじめての「御祈祷体験」を思い出した。

 午後から、激しい雨。
 冬の雨というと、なんとなく静かにしとしと降るイメージがあるのだが、今日の雨は土砂降りだった。
 ただ、雪になっていないということは、そんなに寒くもないのだろうな。

 寝る前に『怒り新党
 神社の御祈祷で名前を間違えられて、それでもご利益はあるのか、というメールが最初に紹介されていた。
 長男の七五三のときに、はじめて境内での祈祷をお願いしたのだが、合格祈願とか子どもの順調な成長を願うほかに、車を買ったので交通安全を、というのがけっこう多くて驚いた記憶がある。神主さんが、車の安全を〜とか祈祷しているのを聞いていると、そもそも神様(その神社は菅原道真公を祀っているので、というか太宰府天満宮)は、車なんてものを知っているのだろうか。
 いや、神様は下界の情報をリアルタイムで更新している、ということなのか。
 そんなことを考えてながら、真面目に交通安全の祈祷をしている神主さんをみていると、不謹慎にも笑いがこみあげてきて、大変困った。

 青山愛さんの「二次会はキッパリ断る」という姿勢には、けっこう感心してしまった。
 いや、僕も最近は、若い人とカラオケとかに行くのはつらいし、ちょっと飲み過ぎると翌日に残ることがあるので、一次会で帰ることが多い。そもそも、ある程度年長になると、そのくらいがちょうど良いのではないかという気がする。
 なんとなく飲み足りない気分になって、家に帰ってから、缶チューハイを1本空けてしまうこともあるのだが。

 ちなみに僕は自分が渡した御祝儀袋がカラだったら、絶対に教えてほしいです。後々までそれを言い伝えられたらたまらない。
 あと、Googleの翻訳アプリすごい。こんなのあったら海外旅行はだいぶラクになるよねえ。Nikonが「ニコン」に翻訳されても、あんまり意味はないとは思うけどさ。

 25時に就寝。