読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっぽ当直日誌・スーパーマイルド@はてな

『さるさる日記』から続く、中年内科医の日常日記。これまでの分はこちら。http://touchoku.jugem.jp

「3LDKのプリンセス」の娘さんの「婚約内定」

 秋篠宮家の長女眞子さまの「婚約内定」が報道されていた。
 そもそも、「婚約」というのは「結婚の約束」なわけだから、「婚約の内定」というのは、「予約の予約」みたいなもので、ちょっと気が早いというか、正式に発表されてからお祝いしても良いのではないか、と思うのだけれど、ニュースバリューでいくと「早い者勝ち」になってしまうのだろうなあ。
 眞子さまも、もう25歳なのか……お母さんの川嶋(旧姓)紀子さんが秋篠宮と御結婚されるとき、僕や同級生男子は「紀子さんって、いいよね……」とみんなで言い合っていたものだ。ああ、「3LDKのプリンセス」紀子さま
 皇位継承のルールがこのまま変わらなければ、紀子さまは皇太后になられるわけか。
 その紀子さまの娘さんが、もう25歳で結婚を考えているというのだから、僕もけっこう長く生きてきたものだなあ、と感慨深い。
 婚約相手が元・海の王子、ということで、これからはGoogleの検索結果で、『海の王子』の1ページめは藤子不二雄先生のマンガではなくなるのだな、というようなことをふと考えた。

 『マツコの知らない世界』は「担々麺の世界」。
 先日、東京出張の際に有楽町で食べた『はしご』という店の担々麺はボリュームもあって美味しかった。餃子もモチモチした厚い皮で僕好み。
 九州人にもかかわらず、トンコツラーメンやうどんじゃない麺類も好きな僕としては、大型書店とレトロゲームを売っている店と美術展のラインナップと麺類の充実度だけは、東京が羨ましい。
 博多駅の四川飯店のランチで食べた「汁なし担々麺」は、けっこう辛かったけど美味しかったな。
 後半は「モバイルバッテリーの世界」。
 みんなが当たり前のようにバッテリーを持ち歩くようになったのは、ここ数年くらいだよなあ。
 以前僕は、バッテリー付きケースを愛用していたのだが、モバイルバッテリー全盛になって、ほとんどバッテリー付きケースを見なくなってしまった。けっこう重く・大きくなるのだが、忘れないという利点があって、あれはあれで便利なものではあるのだけれど、あっというまに廃れてしまったな。価格が高いのとデザインの問題なのだろうか。最近のモバイルバッテリーは容量も大きいしねえ。
 
 25時に就寝。